賃貸物件は慎重に選ぼう|学生で初めての一人暮らしを成功させる

男の人

学生が一人暮らしを始めるなら賃貸物件探しが要

新入学で一人暮らしをはじめる学生にとっては、条件の良い住まいを探すことが大切です。学校から近い物件であれば、通学時間を短くできる上に通学費用を抑えることができて好都合だからです。毎日のことになりますので、通学の負担が少ないことは賃貸物件探しの際の重要な条件の一つと言って良いでしょう。
さらに、家賃が納得できる額だったり利便性が高く住みやすい物件を見つけたりすることが、その後の学生生活を充実させ親の経済的負担を軽減することにつながりますので重要です。

賃貸探しを東京で成功させたいならコチラをクリック!

賃貸物件探しのポイント3点

住宅模型

立地条件を重視

住まいが最寄り駅の近くにあり、職場や学校などへのアクセスが良好であるか確認しましょう。交通費の節約となったり、時間のロスが少なくなったりします。毎日のことになりますので、移動時間が短いことや利便性があることは重視したいところです。

周辺環境は要チェック

コンビニが近くにあったり騒音で悩まされたりしない等、周囲環境も注意したいところです。見学しただけでは分からないこともありますので、時間帯や曜日を変えてチェックしてみると良いでしょう。女性の場合は夜の帰り道なども、様子を見ておくことをお勧めします。

諸経費は見逃しがちなので注意

家賃の安さだけで判断してしまうことのないように注意しましょう。敷金、礼金の他、管理費や保険料などの名目で費用がかかるケースがあり、想像以上に高額なお金の支払いが発生する場合があります。家賃以外の諸経費がどれくらい必要となるか確認しましょう。

家賃を安く抑えるコツ

シェアハウスなら家賃をシェアしますので、月々の支払い額を安く抑えることができます。家賃の安さを重視したい方向けと言えます。さらにマンスリーマンションであれば、敷金・礼金なし、家具・家電が備え付け等の特徴がありますので、入居時の初期費用を大幅に抑えることができます。

女性専用賃貸物件が一般賃貸物件と違っているところを比較

女性専用設備の違い

一般賃貸物件と比べて女性のニーズを意識した設備面を充実させているのが特徴の一つ。例えば、独立した洗面台があれば女性にとって便利ですし、乾燥機が完備されていれば下着を外に干す必要もなくなります。

セキュリティ面の違い

女性専用の物件で特に強化されているセキュリティ機能には、防犯カメラの設置やオートロック機能の他、テレビモニター付きインターフォンなどがあり、不審者の発見や侵入防止が可能。これなら一人暮らしの女性も安心です。

信頼できる不動産で物件探し

信頼できる不動産会社であれば、担当者にも安心して相談できます。こちらの要望をしっかり聞いてくれ、条件にあった不動産を紹介してもらえる不動産会社を利用しましょう。親身になって相談できる業者であれば、担当者の印象も良く物件探しもスムースに進めることが可能だからです。

賃貸探しを東京で成功させたいならコチラをクリック!

広告募集中